CSR

HOMECSR国連WFP「レッドカップキャンペーン」への参加

国連WFP「レッドカップキャンペーン」への参加

〜世界の恵まれない子どもたちに給食を〜

世界には、一日に一度の食事すら満足に食べることができず、空腹のまま学校に通う子どもが6,600万人います。また、学校に通うことすらできない子どもたちも大勢います。
国連WFPは過去50年以上にわたり、途上国の子どもたちの健全な成長を促し、教育の機会を広げるための学校給食を提供してきました。2014年は、65カ国において1,820万人の子供たちに給食を提供しました。

全国農協食品(株)は、国産農畜産物・加工食品の販売と学校給食事業など、食に関わる企業として、国連WFPの「レッドカップキャンペーン」に2014年から継続的に参加し、世界の子どもたちに栄養と希望を届けるお手伝いをしています。




http://www.redcup.jp/


国連WFP とは

国連WFPは、飢餓と貧困をなくすことを使命とする国連唯一の食糧支援機関です。
災害や紛争時の緊急支援、栄養状態の改善、学校給食の提供などを活動の柱に、毎年80カ国で、女性や子どもなど9,000万人に食糧支援を行っています。
2014年は、世界82カ国で8,000万人以上に食糧を届けました。





◀ 一覧へ戻る